流量計や専用処理機の利用で効率作業を行おう|最新式の業務機械

土のリサイクル

土

残土処理とは不要になった土をリサイクするするために用いる専用の機械のことです。様々な種類が存在していますが、基本的にはふるい機に掛けて分類することで土をリサイクル可能にしていきます。

詳しくはこちら

硬水と軟水の違い

飲水

業務用軟水器とは軟水と呼ばれる万人受けする水を作り出すために用いられるもので、水販売メーカーの多くが使用しています。価格に関しては1個当たり数万円程度し、カートリッジを取り替えることで使い続けられます。

詳しくはこちら

仕組みと最新タイプ

水

あるポイントで液体がどれだけ流れているのか観測するために用いる計測器に流量計があります。流量計は水の圧力やどれだけの水が流れているのか知りたい時に用いられ、インフラ設備を始めあらゆる場所で利用されています。流量計の仕組みは至って簡単で、例えばパイプのA点を追加する水の量を測る時は、断面積当たりの水の量を計算することで把握することが出来ます。把握する際は水の流れる速度が必要なため、羽根車などを設置して羽根車が回転する速度などを別途計測して水の流れる量を計測していきます。速度を計算する方法は以前までは羽根車式が一般的に用いられてきました。しかし羽根車を用いるとどうしても流れが悪くなってしまい、結果として純粋な計測値を把握できないという問題点も出てくるようになりました。小規模であれば特別問題もありませんが、例えばダムの水などのように一秒間で数百キロの水が放出される場合では、ちょっとした圧力の分散でも流れる量が変わってきてしまいます。また物理的に稼働するために消耗してしまうという懸念もありました。こういった問題を解消しようと考えられたのが浮き子式の流量計です。
浮き子式とは流れの速度に合わせて浮き子が上下する測定方法のことです。予めどれだけの速度があればどれだけの量が流れているのか計測し、そしてメモリを打つことで計算をしなくても目視で水の量を測ることが出来ます。羽根車式に比べればより精度の高い計測が可能ですが、物理的に計測するため純粋な値が測れないという問題点は残ったままでした。純粋な流れを測定することが出来たのは比較的最近のことで、電磁式のセンサを用いることで非接触で測定することが出来るようになりました。現在広く用いられているのはこの非接触型で、パイプの外側から簡単に水の流れる量を測定することが出来ます。そのため特別な構造を必要とせず、またメンテナンスに関しても簡単にできるようになっています。羽根車式のように物理的に回転するような部分も無いため経年劣化も防ぐことが可能ですし、また測定センサを簡単に増やすことが出来るという特長もあります。

残土処理は土をリサイクルするために利用する専用の機械です。不要になった土やもう使用することができなくなった土を再度分類することでリサイクルする処理を行います。家庭用タイプも販売されていて、手動式で土を分類することが出来るタイプなどもあります。価格的には数万円から数十万円の範囲で販売されていて、価格が高くなると自動式になり、さらに高くなると自走式タイプになっていきます。自走式タイプなどは大量の土をリサイクルすることが出来るため、主に業務用などで用いられています。

種類を知ろう

コンベア

ベルトコンベアーは生産工場などで使用されている専用機械のことで、様々な場所で見かけることが出来ます。大きく分けてヘッド駆動型と中間駆動型に分けることが可能で、設置する場所の傾斜によっても種類や構造が大きく異なります。

詳しくはこちら